最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

ララの夜這い

日曜日の朝、
ララはいつもより早く目を覚ました。普段ならリトの悲鳴によって起こされるのだが今日はまだ寝ているらしい。
隣でまだ規則正しい寝息が聞こえる。
「リートー、まだ寝てるの?」
リトは一向に起きる気配がない。
ララが顔を覗き込むと、いまだに目を閉じ熟睡しているリトの顔があった。
(やっぱりリト、可愛いな~)
そんなことを思いながらララはちょっとした悪戯を思いついた。

顔に近づきながらリトの鼻の頭を優しく指で押し、唇に触れる。
ゆっくり指でなぞりながら顔をさらに近づけ手をリトの両頬に添えてキスを落とした。
「ん・・・んぅ・・・」
リトは一瞬息苦しそうに声を漏らしたが起きる気配は一向にない。日ごろからララに振り回され続け、せめて休日ぐらいはゆっくり休みたいという思いからか、ぐっすりと眠ったままだ。

そんなリトの思いも空しくララはリトの唇を存分に味わった後、今度は耳に舌を這わせ、唇を首筋に寄せた。
ぺろぺろと外耳を舐め上げ、首筋を吸い上げる。リトは寝苦しそうな寝息を立てたがまだ起きなかった。
(つまんないな~)
ここまでしてもまだ起きないリトにララは業を煮やし、リトの上半身の衣類を剥ぎ取りにかかった。
シャツをたくし上げ、露になったリトの上半身を手でさすり上げた。
時折脇に手を這わせ、くすぐるようにするとリトは体を無意識に捩った。

「ん・・・うぁ・・・!?」
そこまでされるとリトはようやく目を覚ました。
勢いよく起き上がったため、たくし上げられたシャツは元に戻ってリトはそのことに気付きはしなかった。

「あ、リト起きちゃった?おはよ~」
いまだに寝ぼけ眼で自分のおかれている状況が把握できていないリトは、毎朝のごとくララが裸で自分のベッドに潜り込んできた事を悟った。
「うわあぁぁっ!!服着ろ服っ!!お前っ・・・またかよ!?」
大声で叫んだリトにララは言った。
「リト、今日はなんだかぐっすり寝てたよ。リトの寝顔可愛かったなぁ~♪」
寝顔を見られたことにリトは赤面し、叫ぶように言う。
「あぁ~っ!んなことどうでもいいから早く服着ろっつーの!」
そんなことを言いながらも、ララの裸を見てしまわないようにしっかり目を手で覆いながらだ。
「も~リトってば照れないでよ~」

そんなやり取りが交わされながら、リトは自分の耳や首筋、特に唇の辺りに違和感があるのを感じた。
(何だ?この感じ・・・なんか濡れてるような気が・・・まさか・・・)
リトがわずかに湿り気の帯びている自分の唇を指でなぞっているとララがそれに気付き、言った。
「あれ、リトもしかして気付いてた?」
「気付いてったって・・・何にだよ?」
たらり、と冷や汗がリトの頬を伝う。
そんなの、と言わんばかりにリトの顔を覗き込み、ララが言った。

「私がキスしてたこと♪」
瞬間的にリトは先ほどの嫌な予感が当たっていることに気付き、大声で叫んだ。
「わぁあぁっ!バカ、なにしてんだ!」
「あれ、リト気付いてたんじゃないの?まぁ、別にいいじゃないそんなの♪」
「よくねーよ!!」
顔を真っ赤にしてリトは叫び続けていたが、そのせいでひとつ重要なことに気付いていない
それは、今もうすでにララの唇がすぐ近くにあるということだった。

ララは躍起になって叫び続けるリトの首に腕を回し、そのまま顔を近づけて唇を再び重ねた。
何が起こったのか理解できていないリトがひるんでいるうちに、ララは舌を深く侵入させ、首に回した腕に力を込める。
「ん゛ぅん~!!んっ、んんうぅ・・・」
必死になって抵抗するリトだったが、首に回された腕によって離れることはなかった。
段々と力が抜けてきたリトは、ついに抵抗する気力をも失ってしまった。
「ん、ちゅる、ちゅっ、ハァ・・・リト・・・」
厭らしい音を立てながら、ララはリトの口内を荒らしていった。

数十秒にわたって口内をじっくり味わわれたリトは脱力し、叫ぶこともしようとしなくなる。
「ふふふ、リトが起きるまでずっとこんなことしてたんだよ♪」
もはや半分白目をむいて呆然としているリトの脳内では西蓮寺の顔が浮かんでいた。
(ごめん・・・春菜ちゃん・・・)
ララはそんなリトを無視し、そのままベッドへ押し倒した。
「うわっ!?おい、何だ!?」
「ねぇリトぉ~、続き、しよ?」
「何の続きだよ!馬鹿なこと言ってないでやめろ!!」
「え~でもリト、そんなこと言ってたってほら、ここ・・・こんなになっちゃってるよ?」
そういってララはリトの下腹部を指差す。そこはララの裸体と先ほどの濃厚なキスで反応してしまっていた。
「こ、これはっ・・・その・・・」
といって口ごもるリトにララは微笑みかけ、ゆっくりそこをトランクスの上からなで上げた。
「わー、熱いよ~リトぉ・・・」
「わわわっ!やめろララっ!」
しかし時すでに遅く、リトが気付いたときには何故かララに押し倒されており、
体を動かして抵抗することもままならない状態になってしまっていた。

ララの柔らかな手の感触にさらに反応してしまうリトのそれは先ほどとは比べ物にならないほどの強度を誇り、
天に向かって起立していた。
「うあっ・・・くっ、はあっ、ララ・・・やめろっ・・・!!」
悶えながらも言葉で抵抗するリトだったが、そんなことは無視し、ララはその手を休めることはない。

――――シュッ、シュッ、シュッ・・・

「む~、リト、そんなこと言ってもどんどん大っきくなってるよ?」
意思と相反して体は正直に反応してしまう。リトはもはや快感に体を支配され、理性が失われていくのを感じた。
そんな時、ララの手がついにリトのトランクスにかけられた。
「ふふ、リトのきつそうだから脱がせてあげるね~♪」
「うわあぁっ!!バカ、やめろっ!!」
遠のく意識を食い止め、何とか抵抗しようとするが、ララの細い指はすでにリトのトランクスをずり下げていた。

「わぁ~」
ララは感嘆の声を上げていたが、リトは呆然としていた。
そんなリトを尻目に、ララはまたそれを掴み、指でさわさわと上下させ始めた。
「うぅ・・・はぁっ・・・」
「リト、気持ちいい?」
すでにリトの亀頭からは我慢汁があふれ出し、限界が近いことを示している。
「ん~、そろそろみたいだから、こうしてあげる♪」
そういってララはリトのそれの先端にちゅ、と口付け、一気に咥え込む
「~~~~っ!やめろっ・・・ララ・・・」
生暖かい舌と熱い唾液のぬめりがリトのそれを包み込み、
あまりの快感にリトはまともに言葉を発することも出来ず、ただその感覚に身を委ねることしかできなくなった。

「ん、ちゅぱ、ちゅ・・・ふぁ・・・リト・・・」
少し息苦しそうにしながらもリトを上目遣いで見つめる。リトの表情から限界が近いことを悟り、一気に吸引を強める。
「くうぅうっ!!ラ・・・ラっ・・・!」
リトは眉間を寄せ、何かを耐えるような表情で達し、ララの口内に白濁とした液を放出した。
「んんん!?んっふぅ・・・はぁ・・・」

――――ゴクリ・・・

飲みにくい液をララはすべて飲み干し、すべてを吐き出しぐったりとしているリトの頬にキスを落とす。
「あはは、リト、気持ちよかった?」
「ハァ、ハァ・・・っ・・・」
いまだに息の荒いリトにララは言った。
「ねぇ・・・リト、今度は私も気持ちよくして?」
「ッ・・・!!ララ・・・」
先ほどからの行為のせいでリトの理性は失われており、リトは何も言わずにララを見据え、一気に押し倒した。

リトはすぐにララの膣内に中指を挿入し、内壁をこすり上げ始める。
「ララ・・・!」
「あ、うぅん、リトぉっ!!ハァ・・・」
リトはララの秘所を掬い上げるように撫で上げ、指に絡みついた蜜をララに見せ付けるように舐め取った。
「わ~リトってやっぱりエッチだね~」
「やっぱりって何だよ・・・」
こんな状況で楽しそうに言うララに呆れながらも、リトは徐々にララの秘所へ体全体を近づけていった。
そして下から上へと十分に濡れた割れ目を舌でなぞり始める。

「ふぅあ、はぁん!!ひぁ・・・」
段々と甘い声を漏らし始めたララの声に触発され、リトは一気にそこを攻め上げた。
舌を割れ目に差し込み、じっくりと味わいながら着実にララを押し上げていった。
「あっ、んっくっ、ふぅあ・・・!!」
「ん、じゅる、じゅ・・・」
リトは段々と愛撫を上へずらし始め、少し膨らんだ陰核を口に含んだ。とたんにララの腰がびくり、と浮く。
「んんんっ!!リト、そこ・・・はぁっ、いぃよぉ・・・」
リトは口に含んだ底を唇でこすり上げ、舌で味わい、吸い上げた。2,3回ほど吸い上げたところで、ララの喘ぎ声が増した。
「あ、あんっ!!ひぁ・・・リト、もう私・・・イッちゃうよぉっ!!」
「ん、ララ・・・」
リトが一気に吸い上げると、ララは一際大きくぶるぶると震え、達した。
「はぁ、はぁぁ・・・リト・・・」
ララが潤んだ瞳でリトを見つめると、リトは耐え切れずに言った。
「ララ、俺もう・・・いいか?」
「うん・・・来て・・・リト」
許可を得ると先ほど達したばかりにもかかわらず再び太く、硬くなった自身を取り出し、ララのそこにあてがった。
「んっ・・・」
お互いに敏感な部分が触れ合う感触に息を漏らし、わずかに震えた。
そしてリトはそれを一気に突き入れた。
「あぁあぁあんっ!!!」
「くぅっ!!ふぅ・・・ッ!」
ララが一気に嬌声を漏らし、リトはそのあまりの強さの締め付けと快感に息を詰めた。

そのまま一気にピストン運動を展開する。
「はぁ、うぁん!!あ、あ、はぁあんっ!!」
「う、くっ、ララ・・・!!」
リトは一気にララの腰を掴んで、自らのそれを打ち付けるようにしながらララの体を起こし、そのまま押し倒した。
その衝撃がララにも走る。
「ああぁんっ!!リトぉっ!!」
「うぐっ・・・ハァ・・・」
ララが反応する分膣内が収縮し、ピストンを繰り返すリトをきつく締め付け、身動きを取れなくした。
互いの粘膜が擦れあうことによって生まれる快感にリトは意識が飛びそうになりながらも、さらに上下運動を激しくする。
「くぅっ!!ラ・・・ラ、キツイ・・・っあ!!」
「はぁあん・・・リトの・・・硬くて、大っきくて・・・気持ちいいよぉ・・・!!」
上下にゆれながら二人はまた深く口付けを交わし、舌を差し出し合い、絡めた舌から混ざった唾液が滴り落ちて
シーツを湿らせた。
「んは、ふぅ、ぴちゃ・・・んちゅ、れろ・・・」
厭らしい水音が部屋中に充満する。
激しい口付けの後はリトが腰の動きをさらに早め、一気に限界へと導いた。
「くぅうぅっ!!!ラっ・・・ラ!!」
「リトぉおっ!!あぁああぁんん!!」
お互いの名前を最後に呼び合い、一際大きくリトが腰を動かすとララの膣内が一気に締まり、その締め付けに耐え切れず、リトは焦ってララの中から自身を引き抜き、そのまま反動で達してララに白い飛沫を散らせた。

「ハァ、ハァ・・・」
激しい一時が過ぎ、部屋にはまだ息の荒いララと、すべてを吐き出して理性を取り戻し、呆然としているリトがいた。
周りを見渡すといたるところに白い液体が付着しており、それがさらにリトの気を落とさせる。
時計を見ると、つい今九時を回ったところだった。
(俺は・・・こんな朝っぱらから何を・・・)
ララの様子を確認しようと思い、隣に目をやろうとすると、すぐそばにララの顔があった。
ララはもう調子を取り戻したようだった。
リトはいきなり顔を近づけられて驚いて言った。
「うわっ!?おい、どうした?」
「ん、リトが可愛かったからもう一回しようかな~と思ってね」
「ばっ、冗談じゃねぇー!!大体まだ朝なんだぞ!?」
「え~そんなの気にしない気にしない!」
「もう・・・勘弁して・・・」
そんなリトの懇願むなしく、リトはもう一度付き合わされる羽目になった。

――――そのころ美柑は
「ま~だやってんのかしら?」

そう、一階には全て音が筒抜けており、美柑はその一部始終を聞いていた。
「元気ねぇー」
そういって冷えかけた朝ごはんにラップをかけていった。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ