最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

連載初期の有りがちな妄想

真夜中、リトはぐっすり眠っていたが何かの物音が聞こえ、目を覚ました。
部屋の中を見渡すと、なぜかそこには裸のララがいた。

「うわああぁっ!!何でお前裸なんだよ!?」
するとララがリトのほうに近寄りながら言った。
「ん?ああ、ちょっとペケが故障しちゃってねぇ」
「どうでもいいからなんか着ろ!!」
リトは目を固く瞑りながら言った。しかしここは男部屋。ララが着れるような物はなかった。

「ちくしょ、なんかないのか・・?」
リトは必死にタンスなどを開けて探してみるが、これといったものはない。
あきらめてリトはベッドにうつ伏せに倒れこんだ。
そんなリトをララは楽しげに見ていた。

「ふふふ、じゃあリト、こうすればいいんじゃないの?」
そう言ったかと思うと、ララはリトのベッドに掛け布団を持って入った。
リトは心臓が跳ねるのを感じた。
「!!?!??!!!」
もはや声にならない悲鳴を上げるリトにララは言った。
「だ、か、ら、こうしてればリトは私の裸見ないで済むでしょ~?」
これぞ名案!といわんばかりに言うララにリトは必死でララとは逆のほうを向きながら言った。
「お前っ・・馬鹿か!?これじゃ逆効果だっつうの!!」
「え~そんなことないと思うけどなぁ~」

そもそも普段のララの格好ですら十分に刺激的なのに、裸で夜中にいきなり起こされたとあっては誰でも興奮するだろう。
純情なリトはもう気絶寸前だった。

「頼むから離れてくれ!!マジで!」
「えぇ~このまま一緒に寝ようよ~。いいじゃない結婚するんだから!」
「しないって言ってるだろうが!その気になってるのはお前だけなんだよ!!」
もう最後のほうは懇願するように言う。
「も~リトってば恥ずかしがりやなんだから!大丈夫だよ、私わかってるから!!」
「だから違うって・・・」
もう涙声。

そんな会話をしているうちに、リトの首筋にララの綺麗なピンク色の髪が掠めた。
くすぐったい感覚にリトは酔った。
「うわっ!?おい、離れろ!!」
そんなリトにはお構いなしに、ララはリトの胸に手を回した。
「わ~リトの心臓すごく早く鳴ってるよ~?興奮してるの?」
「~~~~!!」
もういっそ気絶してしまいたい、とリトは思った。
「ん~~、ホンット、リトって可愛い~」
正直お前のほうが数百万倍は可愛いと言わせて貰いたかったが、もはやリトにそんな余裕はなかった。

そんなリトに追い討ちをかけるかのごとく、ララはリトのうなじにキスを落とした。
リトは首筋に痺れに似た感覚が走ったのを感じた。
「うわぁあぁあ!?おい、いい加減にしろララ!!」
「何言ってるのよリト、まだまだこれからだよ?」
このままではまずいと直感したリトは思い切ってララのほうを向き、離そうとした。
「離れろ・・っこの・・」
「あ~、リト、照れないでよ~」
余裕のララに、リトは精一杯目を瞑り、何とかララを引き離そうとした。
しかし、ララの腕が背中に回されているためなかなか離れない。

「うわっ!?おい何のつもりだ!?」
「え?だってここから先は普通リトがするものでしょ?」
何言ってるんだ、と言おうと思わず体を起こして目を開けると、そこでリトは決定的なものを見てしまう。
そこにあったのは倒れこんで散らばったピンク色の美しい髪、先ほどまで自分が重ねていた妖艶な唇、
誘うように動く長い魅惑的な尻尾、そして自分に押し当てられていた豊満な胸、自分を見つめるララの大きな瞳。
リトは一際大きく自分の心臓が跳ねるのを感じた。
「リ~ト~、ほらちゃんとして!!」
ララは甘えるようにリトを呼び、また首に腕を回す。

リトは何も言わず、応えるかのようにララに自分から口付けた。
その瞬間を逃さず、ララは首に回した腕に力を込めた。

「ん・・・」
お互い少しずつ食みあったかと思うと、感極まったかのように激しく啄ばみ合い始めた。
「ふぅあ・・んぁ・・くちゅ・・・ちゅるる・・はぁ・・ん・・」
濃厚な水音をたて、激しくお互いの舌を突付き、存分に味わい合った後、どちらからともなく舌を引き抜いた。
「はぁ・・リト・・・」
ララの熱い息がリトの顔を掠めた。

その息に触発され、リトは自分でもこんなことをしてよく正気を保っていられるな、と思いながらも
ララの胸を両手で優しく包み込んだ。
(柔らかい・・・)
そう思いながらリトはゆっくりと揉み上げ始めた。
「んっ・・・リト・・」
ララはくすぐったそうに甘い吐息を漏らし、どこか気遣うような愛撫を享受した。
リトが手を這わせていると、ちょうど中心にある突起に手が触れた。
柔らかい胸と違って硬いその感触を不思議に思ったリトは興味を覚え、指先で少し突付いてみた。
「あんっ、リトッ!」
とたんにララが甘い声を漏らす。その艶めかしい声を聞いてしまったリトは顔が赤くなるのを感じた。
「あっ、悪い大丈夫か!?」
あわてて聞くと、ララは優しく答えた。
「もう~、リト、私は大丈夫だから好きにしていいよ?」
そう言ってリトが反射的に離した手をつかみ、胸へと導いた。
「ララ・・・」
そう言って額にキスを落とし、導かれた胸をまた揉み始めた。

「んっ、んっ・・はぁ・・・」
リトは段々好奇心が抑えられなくなり、ララの胸に唇を触れさせた。
「ふぁっ!ああん・・」
リトの唇の感触にララは思わず声を漏らす。
リトはそのまま唇と舌を使い、捏ねるようにしてララの胸を愛撫した。
舌を当てるたびにララはビクビクと腰を浮かした。

舌で左を、右手で右の胸に触れ、余った左手はララの美しい体の曲線に這わせた。
段々と腕を下げていき、太腿に触れる。
普段からだいぶ露出しているララの太腿だが、こうしてみるとなんとも艶めかしい。
じっくり擦り、その感触に夢中になったリトは右手も下げて両手で揉んだ。
口は相変わらず胸を吸い上げている。
「はぁん・・・リト・・・」
また甘い声を漏らしたララに満足したリトはようやく口を離した。

しばらくしてからララは聞いた。
「リト~どうしたの?さっきまであんなに恥ずかしがってたのに、もう平気なの?もしかして私のおかげで免疫ついた?」
「さぁ、そうかもな。何でか今は平気なんだ」
むしろ、初めて触れる異性の体に多大なる興味を抱いていた。というよりは、先ほどララから強引に事を進められてその辺の感覚が麻痺したのかもしれない。
今では自分の下にいるララがとても愛しく見えた。

太腿を撫でていた手を段々上へと持っていくと、ついにララの秘所へとたどり着いた。
そこの割れ目にそっと触れてみる。濡れた感触があった。
「なんか・・濡れてる・・・」
「わ~リトのエッチ~」
楽しげに言うララにリトは苦笑した。

リトは段々その割れ目に指を入れたくなってきた。
「ララ・・いいか?」
こする手を止めて、問う。
「リトのしたいようにして?」
そう答えたララにリトは軽くキスをして、中指をそっと入れてみた。

「んっ、ああっ!!」
瞬時にララが高い声を上げ、リトの指はきつく締め付けられた。
リトはその柔らかい壁に指が締め付けられ、動かすことができず、焦った。
「わっ!くそ、抜けない・・」
焦りながらもゆっくり回すように動かし、徐々に慣らしていった。
「はぁ・・あんっ!・・ひぁ・・」
だいぶ締め付けが緩んできたのを確認すると、リトは指を抜いた。目をやると指にはララの愛液がべっとり付着していた。
しかし、リトにはそれが何なのか、何を意味するのか分からなかった。
リトは何を思ったのか、その液体を舐めてみた。すると、酸っぱいような、甘いような味がした。
その間にララは息を整え、リトに言った。
「なんだかリトって私が思ってたよりエッチだなぁ~」
「お前に言われたくねえよ・・・」
リトは呆れたように言う。

しばらくしてララは突然起き上がり、またリトを押し倒す形でのしかかった。
「おわっと!今度は何だ!?」
「ん~、押し倒されるのも何だか慣れたみたいだね~」
リトの目を見つめながらララは言った。
「ふん、知るか。」
リトは鼻を曲げて言った。
「さっきからリトばっかりずるいなぁ~と思ってね」
「なっ!?お前はさっき散々…ん゛ぅ!?」
全部言い切る前にリトはララに口を口で塞がれた。
先ほどと同じようにリトの口内を荒らしまくりながら、手をリトの下腹部へ這わせる。
「ん゛ぅう?ん゛っ!んんっ!!」
ララはリトのズボンの上から性器を探った。それはもうすでに硬く、太く勃起していた。
「ぷはぁ・・ふふ、リトのこれすごいね~。ズボンきつそうだよ?」
そういってララはリトのズボンを脱がせにかかった。
キスの余韻に浸っていたリトは慌てた。
「うわっ!?何する気だ!!」
「へへ~まぁリトは見ててよ!」
そういってララはリトのズボンをあっさり脱がしてしまい、そのままトランクスまで一気に脱がせた。

「わぁ~」
ララはリトのそれを見て、感嘆の声を漏らした。
「おい、やめろ!!」
まさか女の子にそんなところを見られるとは思ってもいなかったリトは、反応するのが遅れてしまった。
もうララはリトのそれを掴み、ゆっくり上下にしごき始めていた。
「うぁっ、くっ!」
悶え始めたリトを見て、ララはますます手の動きを速めていく。
―――――しゅっ、しゅっ、しゅっ・・
そうされているうちに、リトの肉棒の先からは段々と白濁液が溢れてきた。
「うぐっ!くふぅう・・・はぁ・・」
「わ~、ほら見て、リトのが出てきたよ~」
なんとも楽しげに言うララ。しかしリトはしごかれる快感に酔ってしまったため、
もはやララの言葉に反応することすらできなかった。
「ああぁ・・・うぁ・・」
「あ、リト、そろそろ?じゃあこうしてあげるね~」
そういってララはリトの肉棒を口でくわえ込んだ。
純情なリトはそんな行為のことは知らないため、驚いて制止した。
「うあああ!?馬鹿、何してんだ!!?汚えぞ!!」
リトは何とかとめようとするが、今までの快感とララの舌の感覚に力を奪われ、
ララの頭の上に手をのせることしかできなかった。
―――――チュルッ、ちゅぱ、クチャッ・・・・
厭らしい音を立てながら、ララはリトの先端を舐め上げてリトを限界へと押し上げた。
「うぅう・・くぁっ!!・・ララ、オレ・・もう・・」
「ぴちゃ、んっ・・うん、いつでもいいよ、リト・・・」
「うぁあぁあ!!くぅっ!!!」
――――びゅるるる、ビュッ!!
限界まで張り詰めたリトの性器から勢い良くララの口内へ精液が発射された。
「んっ!ふっ、んっ、んんん!!」
―――――ゴク・・・
苦い精液をララはすべて飲み干した。
飲みきれなかった精液が口の端から流れ落ち、その光景を見たリトにすさまじい刺激を与えた。
「わ~リトの・・にが~い」
「はぁ、はぁ・・・あぁ・・」
リトはすべてを出しきり、脱力していた。

しかしララはそんなリトを無視し、萎びてしまったリトの性器をもう一度掴んで揉みあげた。
「うぐぅっ!はぁっ、やめろララ!!」
まだ感覚が戻りきってないそれを揉まれ、リトは言いようもない感覚に襲われる。
しかし徐々にまた太くなり始めた。ララはそれを確認すると言った。
「ふふっ、リトのまた元気になったよ~?」
「それはおまえがっ・・・ぐぅっ!!」
そんなリトを見ながら、ララはリトのそれを自分の中へと誘い込んだ。
くちゅ、と先端がララのそこに触れる。ララは言った。
「ここからはリトがしてね~」
「くっ、はぁ・・・」
そのやわらかい感触に震えながらも、リトは誘惑に負け、少しずつ挿入していった。

「くぅう・・・うぐぅ・・」
ララの暖かくやわらかい膣内に包み込まれ、リトは息を詰めた。
「はぁん・・・リトの・・凄い・・」
ララもまた、リトのそれの感覚に震えていた。
―――――くちゅ、ぐちゅ・・ずちゃぁ・・
リトは本能の赴くままに腰を突き動かしていた。また、ララもそれに応えるかのように腰をゆすった。
「あっあっあっ、リトぉっ!!!」
「ラ・・ラ・・くっ!!」
リトは激しく腰を動かしながらもララと口付けを交わした。
激しく舌を絡め、唾液を交換していると、ララの中がより一層きつく締まった。
リトは結合部に目をやった。するとそこには赤い液体が散っていた。
リトがそれはララの鮮血だと気付くのに時間はかからなかった。
また、それがどういうことなのかはリトもさすがに知っていた。
「えっ!?まさか、お前・・初めてなのか!!?」
するとララは初めての痛みに耐えながら言った。
「だって・・んっ、初めてはリトがよかったんだもん・・」
それを聞いたリトはなんとも複雑な気分になった。
(普通・・初めてで誘うか!?)
そんなことを思いながらも着実に余裕は削られていく。
リトは段々と限界を感じ始めた。
「ぐっ、はっ、くぅぅうっ!!」
「あんっ!!リトっ!ああぁぁあぁあっ!!!」
リトが限界を迎えるのと同時にララも長い髪を振り乱して達した。
ララの秘所からは愛液とリトの精液と血液が混ざって流れ出てきた。
二人とも力が入らなくなり、ベッドにもたれあうようにして沈んだ。
リトが言った。
「お前・・初めてなのに誘うか!?普通?」
「だって私リトのこと大好きだもん・・」
それだけ言ってララは眠ってしまった。リトも深くハァ、とため息をつくと、二回も達した反動に襲われてベッドに倒れこんだ。

――翌朝
リトが目を覚ますと隣にはまだ起きていないララがいた。
そして自分の格好を見て、昨晩何をしていたか思い出し、叫んだ。
「うわぁあああぁっ!!」
驚いてララは目を覚ます。
「わっ、リト、どうしたの!?」
「ギャ―――!!起きるな!来るな!!」
そういってリトは壁際まで後ずさる。
「あれ~?リト、どうしちゃったの?昨日は平気だったじゃない」
瞬時にリトの脳内を昨日の記憶が走馬灯のように走った。自分が昨日したことに赤面する。
「知るか!頼むからなんか服着てくれ!!」
「え~でもまだペケが直ってないんだよね」

リトは呆然とした。
今日は休日。学校は休み。
ララをこの格好で別の場所にやることはできない。
また、リトもララが見つからないようにするため、外へ行くことはできない。
その事実に気付き、リトはガクッと床に膝を着いた。
さらにララが追い討ちをかける。
「ねぇ~リト、これどうしよっか?」
そういってララが見せたのは昨日の行為によって赤く染まっているシーツだった。
それにはリトの精液の強烈な臭いが染み付いている。

―――どさっ

リトは床に音を立てて倒れこみ気絶した。

「あれ?リト~?あ、気絶しちゃってる」
あはは、と笑いながらララはシーツを見た。
「まぁ、仕方ないね」
そういって発明品でシーツを一瞬で綺麗にした。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ