最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

天条院沙姫×リト その2

金曜日の放課後
30分遅れのHRが終わると結城リトは友達との話もそこそこに教室を飛び出した
(やっべ~。あの先生話し長すぎなんだよ)
リトは全速力で目的の場所まで走る
『放課後いつものところで待っていますわ』
いつものところ―――二人の距離がずっと近くなったあの日から放課後いつも会っている
二人だけの秘密の場所
「ごめん、遅くなった先輩」
勢いよく図書室の扉を開けるリトに対しムスっとした顔で出迎える少女
あたりをキョロキョロ見回しなにかを気にするリト
「うっ、やっぱり怒ってる沙姫?」
名前を呼ばれた少女―――天条院沙姫は組んでいた腕を離すと優雅に髪を掻き揚げる
「別に怒ってなんていませんわ。ただ二人の貴重な時間をつぶした責任を
どう取らせようか考えているだけですわ」
(はぁ~そりゃやっぱり怒るよな~)
うなだれるリトに見えないように微笑む沙姫
本当はこうやって話してるだけですごくうれしい。沙姫にとって一日で一番幸せな時間。
だからといって沙姫は甘くはない
時間が短くなったことについては怒っているといえば怒っていた。
リトはすこしツンとした態度で差し出される沙姫の手をとると椅子から立ち上がらせ
自分のほうに抱き寄せた
(えっ!?////)
「ごめんな沙姫。俺もう絶対遅れたりなんかしないからだから許してくれないか?」
「べ、別に私はそんな・・・も、もういいですわ。怒ったりなんかしませんから」
「本当?」
沙姫に許してもらったことがよほどうれしいのかリトは満面の笑みを浮かべた
(も、もう////)
ドクンドクンドクン、心臓の鼓動がどんどん早くなる
そんな自分を気づかせまいと沙姫はそそくさと図書室をあとにしようとする
「待ってくれよ沙姫校門まで送るからさ」
「・・・・////」
「どうしたんだよ?さっきから黙ったまんまだけど」
「な、なんでもありません。それよりリト、あなたこれから私に付き合いなさい」

沙姫の車の中
「え?買い物?」
リトはちょっと意外だった。沙姫の買い物中のイメージが沸かなかったからだ
「なんですの?行きたくありませんの?」
「いや、そんなわけじゃないけど・・・。けどそっか~じゃあ俺たちこれから
3日間ずっと会えるってわけだよな」
「えっ、ええ。そういうことになりますわね////」
二人は土日にデートをする約束をしていた
なので沙姫はここ数日そのことばかり考えてはひとり顔を赤らめる日々を送っていた

二人は彩南高校の生徒があまりこない二つ隣の街まで足を運んでいた。
リトは感無量だった。沙姫との初デートに心は浮かれ顔はにやけまくり
鼻のしたは伸びまくりだった。
沙姫はというとリトに対する申し訳なさで心がいっぱいだった
実はこのデートは図書室での自分の照れ隠しのためにとったとっさの考えだったのだ。
そんな沙姫の心にお構いなくリトは喜びを爆発させはしゃいでいた
「あれすっげーうまそうじゃね?」「これ可愛いな~」「この服沙姫似合うと思うけどな」
本気でうれしそうにしているリトを見ていると自然に心が落ち着く、笑顔になる
「もう、少しはしゃぎすぎですわよリト」
「そっか?けど沙姫だってさっきから顔にやけてるぜ?」
「なっ!そんなはずありません。あなたの勘違いですわ////」
そういって一人で歩いていこうとする沙姫だったが突然振り向く
「あ、あのリト・・その・・て、手を繋いであげてもよろしくてよ////」
真っ赤な顔で手を差し出す沙姫にリトも顔を赤くしながら手を差し出す、その時――――
「ゆ・・・結城・・・く・・ん?」
振り返ると目の前に西連寺春菜が立っていた
「どうしたの結城君?こんなところで。それに・・あの人2年の・・天条院先輩じゃ?」
突然の出会いにリトの頭は真っ白になっていた
二人のことは誰にも秘密だった。それをよりにもよってクラスメートに見られるなんて
「あ、いやその、これは、そのなんていうか・・・ほら天条院先輩にそこでばったり会っちゃって、
その一人だし・・買い物に付き合ってあげようかと思ってさ」
「ふ~ん・・結城君って天条院先輩と仲良かったんだ・・・。」
「ああ、まあな。それより西連寺はこんなところでなにやってるんだ?」
「私?私も買い物。ここの町は静かで綺麗だし、だからたまに一人で来たりするのよ」
などとたわいもない話をする二人を沙姫は黙って見ていた
「あっもうこんな時間、ごめんね結城君・・私帰らないと・・」
「えっああ、じゃあ気をつけてな西連寺。また学校で」
帰っていく春菜を見送りつつリトは背中からどっと冷や汗がでるのを感じていた
「ふ~・・まったく勘弁して・・」
「あれは誰ですの?」
「えっ誰って?ただのクラスメートだよ。西連寺春菜、うちの学級委員長やってるんだ」
「へ~そうですの。そのわりにはずいぶん仲良さそうに見えましたけど?」
「違うって!そんなんじゃないって。西連寺とは中学でいっしょだったから」
「知りませんわそんなこと」
そういってどんどん一人で歩いていく沙姫をリトは必死に弁明しながら後を追った

二人はクレープ屋の前にいた
「なあ、まだ怒ってるのかよ?」
「別に怒ってなんていませんわ」
そっぽをむく沙姫にリトは頭をかかえた
「別にあなたがどこの誰と仲良くしようとおしゃべりしようと私は気にしませんわ」
そんなことをいう沙姫だったが内心気になっていた。そりょもう無茶苦茶気になっていた。
リトと楽しそうに話をする後輩のこと、そしてもう一つ―――――
そんな自分の考えを振り払うかのように沙姫は席を立った
「いきましょうかリト」
並んで歩き出す二人だったがさっきまでの雰囲気はなかった
沙姫は沈んでいるリトの顔をちらちら見ると少し自分の行動を反省した
「あの、リト。私もう・・・」
「あのさ沙姫。さっき言ってたよな。俺が誰と話そうと仲良くしようと気にしないって・・・」
「ええ」
「俺はするよ。沙姫が誰かと話してたり仲良くしてたら気にする。すっげー気になって
きっと夜も眠れない。だからだから俺ちゃんとしないとな」
リトは沙姫の顔をじっと見つめた
「俺確かに西連寺とは中学からいっしょだけどホントにそれだけなんだ。
なんの関係もない。俺は沙姫しかいないんだ。だから俺・・・俺沙姫に嫌われたら・・・・」
目に涙をためて必死に気持ちを伝えようとするリト
「まったくあなたはこんな街中でなにをいいだしますの?
それに・・・そんなこといわれるまでもなく当然ですわ」
きっぱりそういうと沙姫はやさしくリトの涙をハンカチで拭う

沙姫はリトの腕をとるとそのまま腕を組んで歩き出す
「えっ!?沙姫?////」
「それに私、あなたを嫌ったりなんてしてませんわ。
あなたにそんなことをいうぐらいなら死んだほうがましです////」
相変らずな沙姫だったが、そんな沙姫が愛おしすぎてリトはギュっと腕を引き寄せる
「ああ、俺もそんなこと死んでもいわね~よ」
沙姫はリトの腕を強く掴んだ。リトが離れないように強く――強く――

時刻は7時前
(うっわぁ、もうこんな時間かよ。そろそろ帰んないとヤバイよな)
すごく楽しそうな沙姫の顔を見ると、リトは迷ったが車の方に歩き出した
二人の姿が見えると運転手が恭しく出迎える
「えっ!?リト?」
「今日はもう遅いだろ?沙姫を遅くまで連れ出すわけにはいかないよ。
それに明日も会えるんだしさ」
沙姫の顔が曇っていく
「だから今日は残念だけど・・・ここで、な?」
腕をとかれていく。消えていくぬくもりと匂い
ふいにリトの手がとまる
「沙姫?」
「そ、それでしたら今日は私の家に来たらいいのですわ。もう遅いですし・・
ええ、そうしましょう。決まりですわ////」
「ええ!?それって・・・////」
「服のこととかは心配いりませんわ。すぐに用意してさしあげます」
沙姫は早口でまくしたてるとリトの返事も聞かず半ば強引に車に押し込んだ

家に着いても沙姫の顔は真っ赤だった。
(ど、どうしたらよろしいの?私ったら・・・愛してるとはいえこんなこと・・・////
はしたない女と思われたんじゃ・・・)
(なんだかんだでここまで着ちまった。まあ後はなるようになるしか・・・
にしても相変わらずすげー家だな)
来るのは2回目とはいえ圧倒されていくリト
(やっぱり沙姫はお嬢様なんだよな。別荘だってすごいし)
改めて自分との違いを痛感させられる
「ど、どうしましたの?さっきからぼーっとしたりして」
「あっ、いやその・・・別になんでもないから」
「おかえりなさいませお嬢様。お疲れでございました。結城リト様お嬢様より
お話しは伺っております。服の寸法を測りたいと思いますので少しお時間を
いただきたく」
(メイド?しかも無茶苦茶綺麗じゃん)
「あ、じゃあよろしくお願いします////」
てきぱきと測っていくメイドにリトは思わず見とれてしまった
なにせメイドだ。しかも様付けで呼ばれたこともありよからぬ妄想が頭を駆け巡る
しかももともと女性が苦手なリトだけに、それが顔にすぐに出る
「ちょっとあなた!!時間を掛けすぎですわよ。そんなことは後でもよろしいでしょう?」
急に大声で怒り出す沙姫にメイドは深々と頭をさげ謝る
「おい沙姫そんないいかたないだろ?この人は俺のために・・・・」
沙姫は最後まで聞かずに歩きだした

部屋へと続く長い廊下の真ん中で沙姫は立ち止まっていた
イライラする――――自分自身に
(まったく・・・自分が情けないですわ・・・)
沙姫は今日一日の自分の行動を思い返し溜め息をついた
目をつむると頭に思い描くあの情景―――リトと親しく話すあの子
(私は・・・・)
「沙姫~」
遠くから大声で名前を呼びながら走ってくるリト、放課後を思い出しクスっと笑う
「ちょっとこっちに来い」
「い、痛いですわ。どこにいくのです?」
腕をぐいぐいひっぱって部屋に入ろうとするリトは本気で怒っているみたいで・・・・
「沙姫。今日はどうしたんだよ?街に行ってからずっと変だぞ?」
「どうしたっていわれましても・・・私別におかしいところなんてありませんわ」
「うそつけよ!自分でも変だってわかってるからイラついてるんだろ?」
「・・・・・・」
リトに図星をつかれて言葉につまる
「まったくなに気にしてるのかわかんないけど、ちょっとぐらい相談してくれもいいだろ?
・・・ひょっとしてあれか?まだ西連寺とのこと・・・」
「・・・違いますわ」
半分は正解。だけどもう半分は―――
「はぁ~・・・私自分ではもっと強い女だと思っていましたけど実際は・・・
あなたに出会って、あなたに恋していろいろ思い知らされましたわ」
「沙姫・・・・」
リトといるといろんな自分がでてきてしまう。そんな自分自身に戸惑いを抱いていた
そして今日―――あの西連寺とかいう者に自分の弱さを暴かれてしまった
プライドの高い彼女には決して許せないこと――――嫉妬
「えっと、うまくいえないけどさ弱いってことはそんなに悪いことじゃないと思うぜ」
「えっ?でも・・・」
「それに俺沙姫の強さも弱さも知ってるしな。隠したって分かってる。
ほら初めてのエッチの時とかさ・・・って例えが最悪だ・・・ごめん・・」
「////」
「えっとまぁ、そんなわけで気にすんな。俺は気にしないぞ!それにさ・・・」
「リ・・・ト////」
「俺の前ぐらい全部見せろよな。弱いところも強いところも全部。
沙姫の全てが俺にとったら大切で大事で、沙姫がホントに大好きなんだからな////」
本日二回目のリトの腕の中で沙姫はただ静かにリトのやさしさと気持ちに
おもいっきり甘えていた
(ありがとう・・・・リト)

「もう大丈夫か?」
あれから数時間あまり
結局リトから全然離れようとしない沙姫を別の意味で心配していたころ
扉がノックされる
「失礼いたします。結城様の服の仕立てが終わりましたので報告に参りました」
さっきのメイドに深々と頭を下げられまた顔を赤らめてしまうリト
「わかりましたわ。下がりなさい」
どう見ても顔を引きつらせている沙姫は至極丁寧に応じた
「ううっ、ごめん俺ああいうのに慣れてなくってさ」
「知りませんわそんなこと」
ぷいっと顔をそむける沙姫はいつもの沙姫でリトはうれしくて顔を綻ばせる
(ふぅ~、やっといつもの感じに戻ってきたな・・・)
安心しだすと今度は今の状況が冷静に見え始めてきた
(そういえば俺、今沙姫の家に・・・ちょっとまて!今日ってもしかしなくても
泊まりなのか?えぇ、部屋はどうなるんだ?もしかして・・・一緒////)
ひとりパニックになるリトを尻目に沙姫はベッドに寝転がる
「沙姫。今日って俺どうすれば・・・」
リトは固まってしまった
「なんですの?私今日はさすがに疲れてしまいましたわ」
制服姿で寝転ぶ沙姫のスカートからは下着が丸見えで、それに続く魅力的な太ももが目に飛び込んでくる。
おもわず目をそむけるリトだったが男の本能には逆らえずちらちら見てしまう
(そういえば俺・・・あそこで沙姫と・・・////)
その時のことを思い出すとリトのあそこは自然と大きくなり始めた
「それにしても私ったらあんな小さなことで・・・われながら自分であきれてしまいますわね・・・・
ん、どうしたのです?リト?」
リトはベッドに足を乗せるとそのまま沙姫の両肩を手でつかんだ
「えっ!?ちょっと待っ・・・リト?////」
「沙姫・・・」
なおもなにかをいい続ける沙姫をリトはキスで封じる

長い長いキスの後
「ごめん・・・俺・・・」
「いいですわ。ちょっとびっくりしましたけど・・・。
リト・・・あなたの好きなようにしてもいいですわよ・・・////」
リトは沙姫に覆いかぶさるとその舌で沙姫の口にむしゃぶりつく
舌と舌、唾と唾が絡み合い卑猥な音が響く
「んっ、うんっ・・んん、あん」
リトの左手が脚に伸びていく
白くて綺麗な脚と太もも、その感触を味わうようにリトの手は動く
だんだん広げられていく沙姫の脚、スカートをめくり白い下着があらわになる
上から指でなぞるだけでわかるほどそこはもう十分濡れていて――――
「沙姫ここ・・もうすごい濡れてる」
「そ、そんなこと・・私知りません////」
リトに耳元でいわれたことが恥ずかしいのか
触られるたびにクチュクチュといってしまう音が恥ずかしいのか
沙姫の顔は耳まで真っ赤だった

「んっあぁ、んん・・あっあぁっ・・うんっんっ」
リトが指を動かすだけで愛液が溢れてきて、沙姫の下着はグショグショになった
「んん、あっんん・・リトぉ・・お願い、焦らさないで・・////」
沙姫の甘えるような声にリトはゾクゾクした
下着を取ると沙姫の割れ目が飛び込んでくる
「すげー沙姫のここヒクヒクしてる・・・」
「そ、そんなこというものじゃありません////」
リトは沙姫の太ももを持つと自分に引き寄せ割れ目に舌を這わせる
「んんんっ!ああぁぁ・・んくぅ、あん・・あっああっん」
ピチャピチャと舐めるたびに沙姫は声を荒げる
「んんあぁっっ・・あんっ、あぅ・・そこは・・んっ」
リトは赤く充血したクリトリスを舌で転がす
「んんっ!!だ、ダメですわ・・んあっ・・そんなとこ・・ろ」
(へぇ~、ここがいいんだ。じゃあ・・・)
「ああん!んっんん、ダメ、本当に・・私・・ああっんん」
リトは大きくなったクリトリスに歯をあてると少し噛み、舌と口で吸い付いた
「あっ!んんああっっ!!ダ、メ・・私・・もう・・んあっああっっ」
沙姫は体をガクガク震わすと荒い息を吐きベッドに沈みこんだ
「はぁ、はぁ、はぁ・・もうあれ・・ほどいいましたのに・・」
「ごめん、ごめん沙姫の反応が可愛くてつい・・・それより大丈夫か?
ちょっと休憩でも・・・」
「大丈夫ですわ。それより私の服ぬがしてもらえるかしら?////」
沙姫は服を脱がしてもらっている最中ずっとリトを見ていた。見とれていた。
それだけで自分の心臓が高鳴るのを感じる――――
「終わったぜ沙姫」
「えっ!?あっええ、ありがとう・・・じゃあ今度は私がリトを・・・」
「って大丈夫かよ?頭まだぼ~ってしてるんじゃ?」
沙姫は膝立ちでリトに近づくと勃起したリトの肉棒を自分の胸に押し付ける
「えっ!?ちょっ待って、無理しないほうが・・・」
「だ、大丈夫ですわ。私だってやれば・・・」
(たしか・・・こうやって挟むと男の方は喜ぶはずですわ////)
沙姫は肉棒を胸の谷間で挟むと一生懸命しごきだした
ただ――一生懸命しているのだが動きがぎこちなく気持ちいいとは呼べなかった
それでも本で得た知識とはいえ一生懸命な沙姫の姿にリトは一人萌えていた
(か、可愛い////)
「リト気持ちいいですか?私ちゃんとできてまして?」
「えっあっ・・うん。だけどもうちょっとその舌とか使って
舐めたりしてもらえるとうれしいんだけど」
沙姫はいわれたとおり舌で先端を舐めていく。包むように、這わすように
(うっわぁ・・)
その姿にリトの中でゾクっとくるものがあった。先から汁が溢れてくる
(んっ?なにか出てきましたわ)
沙姫はかまわず手を舌を一生懸命動かしていく。我慢汁が沙姫の舌に絡み付いていく。
ゴクリと喉が鳴る
「沙姫・・俺そろそろ・・出そう」
「う・・んん、ジュル・・いいですわ、このまま出しても」
動きを早める沙姫にリトは欲望を吐き出した
精液でベトベトになる沙姫の体
沙姫は手についた精液を口に運ぶとそのままコクンと飲み込んだ
「そんなの飲まなくても!」
「大丈夫ですわ。それにリトのですもの。ちっとも嫌じゃありませんわよ////」

リトは沙姫を押し倒すと割れ目に再び勃起したものをあてがう
「沙姫・・いいかな?////」
「ええ。来てリト////」
ヌチュニチッ、淫猥な音と共に入っていく
「んっああっ、い・つっっ・・」
初めての日から数日しかたっていないせいか沙姫は少し苦しそうな声をあげる
「沙姫大丈夫・・か?まだ痛む?」
「ええ・・少し、だけ・・んっだけど、前に比べたら全然マシですわ」
「そっか。じゃあ最初はゆっくり動くな?」
リトは沙姫が痛がらないようゆっくり動いていく
「んっああっ・・あっんっ・・んっん、う・・んっ」
この前は初めてということもありいっぱいいっぱいだった二人だが、
今回2回目ということもありお互い少しの余裕ができていた
動く度に絡みつくように締め付ける沙姫の膣内はリトを一瞬で虜にさせた
リトは動きを早めていく。肉の打ち付けあう音と愛液の絡み合う音が理性を崩壊させる
「あっんん、あっあっん、うぁあ・・あっくぅぅ・・んあぁ」
「沙姫の中すっげー気持ちいい」
「私も・・うんっ、リトを感じ・・ますわ」
リトは沙姫の腰を掴むと四つん這いにさせ後ろからガンガン突き始める
「あんっああん・・んくう・アァッ、あっくぅ・・」
腰と腰がぶつかるたびに愛液がベッドに落ち染みをつくっていく
「あんっ!リトの、が私の・・奥にんんっあっ、あたって・・んくっ」
リトは沙姫の揺れている胸を掴むと思う存分に揉みだした
「あっんん・・そんな、激しぃことぉ・・んんああっっ・・あん私もう・・」
リトの腰が激しくなってくる
「沙姫・・俺もう」
「ええ・・・私も、はぁんっいっしょ・・に
リトの・・いっぱい・・欲しいですわ////」
沙姫の言葉が終わるとリトは膣に吐き出した
「はぁはぁすごいですわ・・まだ・・出てる」
「ごめん・・・////」
「いいですわ。私の中に全部・・・////」
二人はキスをするとそのままベッドに横になった

「リト、今日は少し激しすぎでしたわよ」
「ご、ごめん。沙姫が気持ちよすぎて・・////」
「まあ、うれしいですわ。私も気持ちよかったですし
また・・・また・・・////」
(あなたと何度でも繋がっていたい・・・////)

リトの腕の中で沙姫は考えていた
私はリトが好き、大好き。なのに今日は――――
あの西連寺とかいう子と仲良く話してたことにはもちろんやきもち妬きましたけど
本当は――――本当は私の知らないリトを知っているあの子が許せなかった
そしてそんな弱い自分がもっと許せなかった
だけどだけど今は
確かに私は昔のリトを知りません。けれどこの先、それ以上のものを築いていけばいい
この先もずっとずっと一緒にいたい―――違いますわね。ずっと一緒にいるのですから

そんな沙姫の思いを受け取ったのかリトは強く沙姫を抱きしめる
二人は至福の中で眠りについた

コメントは停止中です。

サブコンテンツ