最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

「モモ・ベリア・デビルーク」タグの記事一覧

おっぱいチェンジ!?

「わ……わわ、わたっ…… 私の胸がっ…… 無いんですけど……」 「あはは! どうやらあたしの方が胸が大きくなる素質があったみたいだな~♪ まっ、気にする事ないって! ペタンコでも(はぁと)」 ポンポン。 「はうっ! ぐうぅ……」 グサグサッ。 ナナに肩叩きされたモモの胸に、女の自信を喪った哀しみの矢が突き刺さる。 「だ、大丈夫か、モモ!」 「はうぅ……リトさん……」 すがる様な目

みかんアイス

「ふー……あつ」 まったく。まだ6月だってのに、なんでこんなに暑いんだろ。 チキューオンダンカって奴の影響? ほんっとに、はたメーワクな。 「ふう……」 おでこからダラダラ出てる汗を手でグイッと拭った。 なんなんだろ、このムアッとした空気。うー、気持ち悪。 (あー、はやく家に帰ってアイス食べたい……) あの甘くって、冷たくって、たまんない味…… 「ただいま」 「あ、お帰りー

ぱられる

「はぁ……。まったく、リトの奴……」 結城家の台所を取り仕切る私は、今日の夕食の準備を終えると椅子に座って、 食卓のテーブルに頬杖をついてため息をついた。 あの日、プールで春菜さんに告白するのをミスって他の女の子たちに告白してから、 リトってばずーっと女の子たちと遊びっぱなし。 私のことなんか、ちっとも構っちゃくれない。 「ったく、もう……」 (それにしても、なんでこうイライラするん

穴を見ると触手を突っ込みたくなる性

「へ?植物園?」 陽光うららかなある春の日の朝、突然のモモの提案に結城家の一同は目を丸くした。 「ええ。先日のお花見が楽しかったので、私の手持ちの植物たちでも同じようなことができないかなと思いまして」 「それで、またプログラムを組んだわけか……」 嬉々として語るモモが手に持っているのは、例のすごろくの時に使った認証リングである。 ララはともかくとして、その輪っかにいい思い出がないその他の

モモの王様教育

権威を見せつけるのに、手っ取り早い方法が三つある。 一つ、己の財力の高きを誇示する事。 一つ、己の配下の多きを誇示する事。 一つ、より多くの女に羨望され、より多くの側室を抱え込む事。 英雄、色を好む。 地球には何ともまた、宇宙の帝王に似つかわしい言葉があるものだ。 全ての英雄が色情魔かと言えば、これは個々人の性格によるところだから 必ずしもこの言葉が一致する英雄ばかりという事は無
サブコンテンツ