最近出会い系で会った美人の画像

  • ハッピーメール【18禁】

  • PCMAX【18禁】

  • ワクワクメール【18禁】

「古手川唯」タグの記事一覧

古手川唯の不思議な一日

(なんでこうなっちまったんだ……) 結城リトは、手の平の上で眠る、 まるでフィギュアのような小さな裸の少女の姿を見て途方にくれていた。 (これって古手川なんだよな……) 思わず小さな唯の裸体を凝視してしまうリト。 艶やかな黒髪、透き通った白い素肌。 ふくよかな乳房の先端には小さな桜色の突起が付いている。 (す、すげぇ……こんなに小さいのに、ちゃんと女の子の体だ……) これが本物のフ

お見舞いエッチ

「へ…ヘックション!」 天気の良いある日の午前中…大きなくしゃみが、結城家の長男・リトの自室に響いた。 何故、ヤミに何度ボコボコにされても、唯に鉄拳制裁をかまされてもすぐさま立ち直る程の肉体を持つリトが、風邪なんかこじらせているのかというと… どうも、先日風邪をこじらせた唯の家に用事で行った時、うつされてしまったようなのだ。 無理もない。なんせ、いろいろあってちょっとの間密着すらしてたくら

~ 欠片一つ~ 古手川家にようこそ

金曜のホームルームの後 「う~ん…」 クラスのみんなが帰る中、リトは腕を組みながら席を立ちことなく難しい顔をしていた 実は六時間目の授業が始まる直前、数学の先生に呼び止められたのだ 理由は今日返ってきたテストの結果について 『結城、最近たるんどるぞ! もっと勉強するよ~に!!』 リトは自分のテストをもう一度思い返してみる 結城リト 数学Ⅱ 14点 「はぁ~~」 重い重

この夏の目標

ある日の放課後――。   「ざぶーん」 ――という謎の言葉を発しながら、古手川唯は誰も居ない教室で謎の行動を取っていた。 教卓の上に真っ直ぐうつ伏せに寝て、手足を規則的にバタつかせ、 時々顔を上げてぷはーっと大きく息を吐いてはすぐに吸い込んで顔を下げる…。 この一連の動作を、彼女は休む事無く延々と続けていた。 端から見てると怪しさ爆発な事この上無いのだが、本人の

守るべきシークレットゾーン

平和で幸福な生活は個人が規律を守ることによってはじめて実現出きる そう信じている小手川唯にとって規律を守ることは当然のことであり、他人に強要することにもまた当然のことである たとえ文句を言われようと自分の正義を疑わない それは自分のためではなく相手を含めた集団全体のためであるからだ しかし、目の前の状況は彼女の意志とは反するものだった 採南高校の休み時間の教室に規律は存在しない 各々の
サブコンテンツ